ホーム > 反社会的勢力への対応について
プライバシーマーク
反社会的勢力への対応について

反社会的勢力に対する基本方針

  1. 反社会的勢力による不当要求に対しては、代表取締役等の経営トップ以下、組織全体をあげて対応します。
  2. 反社会的勢力からの不当要求に備えて、平素から警察など外部専門機関と連携し、組織的かつ適正に対応できるよう努めます。
  3. 反社会的勢力との取引を含めた関係を一切遮断し、不当要求に対しては断固として拒絶します。
  4. 反社会的勢力からの不当要求には、一切応じず、毅然として法的対応を行います。
  5. 反社会的勢力との資金提供や裏取引は絶対に行いません。
  6. 反社会的勢力の不当要求に対応する役職員等の安全を確保します。

反社会的勢力に対する取り組み

重要事項の説明

暴力団排除条項とは

暴力団排除条項は重要事項に該当しますので、必ず契約者・被保険者に内容をご理解いただいてから、お申込みいただきます。

(1)保険契約者、被保険者または保険金等の受取人が、つぎのいずれかに該当する場合は、この保険契約を将来に向かって解除することができます。
  1. 暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業その他の反社会的勢力(以下 「反社会的勢力」といいます。)に該当すると認められること。
  2. 反社会的勢力に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められること
  3. 反社会的勢力を不当に利用していると認められること
  4. 保険契約者または保険金等の受取人が法人の場合、反社会的勢力がその法人の経営を支配し、またはその法人の経営に実質的に関与していると認められること
  5. その他反社会的勢的と社会的に非難されるべき関係を有していると認められること
(2)保険契約者、被保険者または保険金等の受取人が反社会的勢力に該当する場合には、保険金等を支払いません(既に支払っているときは、その返還を請求します)。
ページの先頭へ戻る